2015.11.30

JODIE 2015.1130


11月30日


今日は、

ジョディの命日です。


もう8年経つのですね。。。


1998.02.10 - 2007.11.30


我が家の永遠のアイドル  ジョディ  




fc2blog_20151130104950090.jpg




頭の上ばっかり毛が伸びてたなあ・・・


fc2blog_20120907000946149.jpg


アブ 

ジョディ

チャビー


みんなあちらで仲良くしているかしら・・・










スポンサーサイト
2015.10.23

実家のチャーリー 祝 1歳!!!


昨年、17歳の犬生を全うしたチャビー


fc2blog_20151023000117549.jpg


小さい頃からずっと目の治療でずーっと頑張りました。

この強さはチャンピオン級です。


目が見えなくても、辛くても
決して文句もいうことなく受け止める
器の大きさはいつも私達家族にパワーをくれました。

たくさんの事を教えてもらいました。


fc2blog_2015102223541273b.jpg


そんな大きな存在であっったチャビーがいなくなった実家の空気の重さ。。。

どうしようもなかったね。
何かにつけて、ボロボロ泣いていた。。。


アブの時も。


ジョディの時も。。。


命の終わりは必ずくるとわかっていても、別れはつらいものです。


チャビーの四十九日を迎え、また犬との生活をするか。。。

家族みんなで相談しました。


人間の寂しいだけの気持ちだけで、
また犬を飼いたいという考えはしたくない。


安易な決断はできません。


人間も確実に毎年歳をとっていきます。

10年後、15年後も、

新しく犬を迎えたとして、きちんと最期までお世話をするということ。

そして、ペットショップで買うのではなく、
人間の都合で命に期限をつけられた犬を一匹でも多く救うこと。


シェルター出身の犬は心に辛い思いやトラウマを抱えている場合が多いので、
想像以上に大変な事があるという事実。


人間によって辛い体験をし、捨てられた。
でもまた人間と家族になって、暮らす。
怖くて嫌いな人間を今度は信頼していこうとするのです。

小さな体で、全力で頑張ってくれるのです。



そして、決断しました。

チャーリーは神奈川のシェルターから我が家の家族になります。(実家)


fc2blog_20151022235637d35.jpg


ビビりなアビーとは性格が違い、
チャーリーは物怖じせず、前向きなキャラ。

一時預かりのお宅では、ドーベルマンと一緒に暮らしていたそうです。


そんな陽気なチャーリーは、チャビーと同じ10月生まれということなので、
我が家では日にちも同じ11日と一緒にしました。


当初は、ガリガリでちっちゃかった。。。

少しづつごはんも食べて、ぐんぐん大きくなりました。

fc2blog_20151023001503e9c.jpg


そして、無事に1歳になりました。


おめでとう!!!!!


そしてこれからもよろしくね。








2015.03.13

すこぶる成長中

新しい家族がふえた実家は、
だいぶ良い雰囲気に変わってきました。

しかしチャーリー。


天真爛漫すぎる。

いちいち全速力。


ごはんも毎回顔ごと器に突っ込んでモリモリ食べてます。
まだまだ小さいのでもっと大きくなってほしいところです。

fc2blog_20150312235851018.jpg


おばあちゃん手編みのチョッキです。



アビーのもあります


fc2blog_20150313000019b64.jpg



お揃いですが、微妙な空気感


fc2blog_20150313000128f2b.jpg


なかなかいい感じ




も、つかの間...


fc2blog_201503130003083ad.jpg


ムキ💢ムキ💢


ハグキむきだしです。


チャーリーは全く動じることなく、ちょっかいだし続けてました。



fc2blog_201503130010514b7.jpg




一瞬、落ち着いた。


。。。


あー忙しい。

チビッコは大変だ。























2015.02.16

new family (実家)

実家に新しく家族が増えました

(犬です)

chabyが亡くなってから、実家はすっかり暗い雰囲気…
時間がかかるとはいえ、尋常ではない。

家族の会話も減ってしまいました。

チャビーがどれだけ大きな存在だったかを
改めて実感。


このまま暗いままではいけない。

チャビーの四十九日を迎えて、
実家でも保護犬の里親になろうということで…



会いにいきました。


fc2blog_201502181356426dc.jpg
                                   
サティ君
コッカーミックス?
3ヶ月くらい(2015年1月現在)


母も妹も家から2時間ほどかけて預かり先のお宅に。

そして、ご対面。



感涙。


預かり先宅さん、気合のブラッシングで桑名風です。

fc2blog_20150219022734bc9.jpg


サティ、お母さん犬からの栄養がもらえずに、ガリガリだったそうです。

少しづつ大きくなっていますがまだまだ小さい。


面会して、お互いの状況、思いを伝えて…
はたして、新しい家族になれるのでしょうか。。。。。


fc2blog_201502190228224e1.jpg


しかしアタマ、フワッフワすぎる…


家族として迎えることができたら、十数年ぶりの赤ちゃん対応です。

久々の赤ちゃん対応のため、実家では諸々勉強し直したり、
ジョディやチャビーはこうだったとか思い出話に涙したりと…
実家では結果の連絡までソワソワした日々を送ってました。


そして、

無事に新しい家族にと決定!!!



サティ改め、
チャーリーと命名。


こちらの成長記もこれからはじまります。


よろしくね。
チャーリー。

fc2blog_20150219023314094.jpg












2014.12.03

JODIE 7回忌

我が家には私が小さい頃から犬がおりましたが、
お世話はやはりお母さんでした。

歴代の猟犬ジョンはお顔のブチがとてもかわいかった。
ずっと名前はジョンだった。。。命名はいさむ (父)
一匹だけアールという名前のセッターもいました。
アールは白い体に茶色のブチ。
耳の先の毛が仙人にように長かったなあ。。。


そして私がはじめて責任をもってお世話をする犬となったジョディ。
アメリカンコッカースパニエル。女の子。
人間の言葉をとてもよく理解してました。
とてもとてもレディでした。



「ブ―!!!」という音が苦手らしく、
その音を聞くとピアノの部屋に逃げて行ってた。
あと自分のおならの「ブ―」にも反応して、
自分のお尻をチラチラ見ながら逃げて行ってた。。。




jojo.jpg





fc2blog_20141203164711b19.jpg



11月30日はジョディの命日。
2014年11月30日 ジョディ 七回忌


1998.02.10 - 2007.11.30


我が家の永遠のアイドル  ジョディ