2015.10.23

実家のチャーリー 祝 1歳!!!


昨年、17歳の犬生を全うしたチャビー


fc2blog_20151023000117549.jpg


小さい頃からずっと目の治療でずーっと頑張りました。

この強さはチャンピオン級です。


目が見えなくても、辛くても
決して文句もいうことなく受け止める
器の大きさはいつも私達家族にパワーをくれました。

たくさんの事を教えてもらいました。


fc2blog_2015102223541273b.jpg


そんな大きな存在であっったチャビーがいなくなった実家の空気の重さ。。。

どうしようもなかったね。
何かにつけて、ボロボロ泣いていた。。。


アブの時も。


ジョディの時も。。。


命の終わりは必ずくるとわかっていても、別れはつらいものです。


チャビーの四十九日を迎え、また犬との生活をするか。。。

家族みんなで相談しました。


人間の寂しいだけの気持ちだけで、
また犬を飼いたいという考えはしたくない。


安易な決断はできません。


人間も確実に毎年歳をとっていきます。

10年後、15年後も、

新しく犬を迎えたとして、きちんと最期までお世話をするということ。

そして、ペットショップで買うのではなく、
人間の都合で命に期限をつけられた犬を一匹でも多く救うこと。


シェルター出身の犬は心に辛い思いやトラウマを抱えている場合が多いので、
想像以上に大変な事があるという事実。


人間によって辛い体験をし、捨てられた。
でもまた人間と家族になって、暮らす。
怖くて嫌いな人間を今度は信頼していこうとするのです。

小さな体で、全力で頑張ってくれるのです。



そして、決断しました。

チャーリーは神奈川のシェルターから我が家の家族になります。(実家)


fc2blog_20151022235637d35.jpg


ビビりなアビーとは性格が違い、
チャーリーは物怖じせず、前向きなキャラ。

一時預かりのお宅では、ドーベルマンと一緒に暮らしていたそうです。


そんな陽気なチャーリーは、チャビーと同じ10月生まれということなので、
我が家では日にちも同じ11日と一緒にしました。


当初は、ガリガリでちっちゃかった。。。

少しづつごはんも食べて、ぐんぐん大きくなりました。

fc2blog_20151023001503e9c.jpg


そして、無事に1歳になりました。


おめでとう!!!!!


そしてこれからもよろしくね。







スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://abbey2011.blog.fc2.com/tb.php/246-d4ccd0a8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する